あなたの子供に感情的な知性の贈り物を与える

ブログ

しかし、今日のペースの速い、絶えず変化する世界では、非常にシンプルなものを見落としています。子供が生涯を通じて幸せと感情の安定を体験するためには、私たちは子供に感情的な知性の贈り物を与えるべきです。この記事では、子供に感情的な知性を提供する方法に関するいくつかの基本的な手順を確認します。 親として、私たちは子供たちがスマートで健康であることを望んでいます。多くの場合、私たちは子供たちにスポーツと学問に秀でることを強いています。

しかし、今日のペースの速い、絶えず変化する世界では、非常にシンプルなものを見落としています。子供が生涯を通じて幸せと感情の安定を体験するためには、私たちは子供に感情的な知性の贈り物を与えるべきです。この記事では、子供に感情的な知性を提供する方法に関するいくつかの基本的な手順を確認します。



私たち–親として–が子供に感情的な知性の贈り物を与えることができる最初の方法は、この分野での好例です。子供たちは常に私たちを観察し、あらゆる状況で私たちがどのように行動するかから学びます。





感情的な知性の領域で模範を示すことになると、自分の感情的な知性を確実に認識する必要があります。

自分が知っている、理解している、自分の気持ちや周りの人の気持ちに慣れていることを子供に示す行動を常に表示する必要があります。このタイプの行動を例示すると、子供たちはあなたの後にこの行動をモデル化し始めます。

子どもたちが2歳から3歳くらいの非常に若いときは、責任を負うことの重要性を表明する必要があります。責任はさまざまな方法で教えられます。あなたは彼らが混乱した後に迎えに行くこと、家族の楽しい夜に参加すること、そして/または自分の服を選ぶことの重要性を彼らに教えることができます。

子供が若い頃に責任を教えられると、子供たちは自分自身と、自分が世界で果たしている役割をより意識するようになります。彼らは彼らが彼らの行動に責任を負うべきであることを理解し始めるでしょう。彼らはまた、私たちの持ち物、感情、世界の全体的な場所に責任を持つことが重要であることも学びます。これに加えて、責任はより自信のある子供を作成します。



子供に感情的な知性の贈り物を与えることができる非常に重要な方法は、子供に「ノー」と言うことを学ぶことです。多くの親はこれに反対するかもしれませんが、それは子供の感情的な発達における重要な一歩です。子供が物事を要求したり、特定の活動に参加したりすることに応じて「いいえ」と言われると、子供たちは衝動的な行動を理解し、対処し始めます。このようなものをもっと早く。

ほとんどの親は子供が精神的苦痛を経験することを許可したくないが、時々彼らがこれらの時代を乗り切る方法を開発するために不可能である場合がある。



高いレベルの感情的知性を持つ子供を育てたい場合は、自分のレベルと創造性を表現する多くの機会を子供に提供することを確認することが不可欠です。この取り組みに成功する最も簡単で最もエキサイティングな方法の1つは、子供に色を塗ることを奨励することです。

彼らが何歳であるか、彼らの基本的な知能指数が何であるかは関係ありません、色付けは心を開き、感情を高め、感情を落ち着かせます。グループで行われた場合、他の人とつながる素晴らしい機会でもあります。今日、オンラインで利用できる無料のカラーリングページがたくさんあります。これらのリソースを活用する必要があります。

最後に、しかし重要なことですが、これらの感情が正常であることを、子供が幸せ、悲しみ、怒りなどのときに子供に説明します。それは私たちが若い男性と女性に成長しているという感情を調整し、対処することを学ぶときです。

あなたの子供の感情的な進歩を見ると、彼らをたたえます。彼らは素晴らしい仕事をしていて、それを知る前に素晴らしい、感情的に知的な男性と女性に成長することを彼らに知らせてください。

子供を支援する方法に関するその他の戦略については、https://coloringpageforkids.net/category/blogのブログにアクセスしてください。

著者について

Pinterest YouTube
Marian Hergouth

マリアンhergutは、1953年に生まれました。グラーツの哲学の学部で教えを学びます。

私の絵についての考え

私は幼児期以来ファインアーツに従事していました。色はいつも私を魅了してきた、特に赤。

I最も賞賛色グスタフ・クリムトとフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー。

図において、私は、エゴン・シーレのラインを賞賛します。私は深く絵のオーストリアの伝統に根ざしています。