着色は数学のスキルを向上させることができます

ブログ

主要な教育者や研究者によると、色、形、およびパターンにさらされている子供は、色、形、およびパターンに一貫してさらされていない子供よりも優れた数学能力を持っています。実際、初期の教育プログラムを評価すると、子供たちは色や形を教えられ、文字や数字よりも前にパターンを紹介されていることがわかります。色、形、パターンはすべて、私たちの世界では非常に目立つ属性と見なされています。



色と形は、子供たちが観察するのに役立ち、観察するものを分類するのに役立ちます。子供が生涯にわたって発達させるすべての精神的スキルのうち、パターンを認識する能力は、一般的な知能レベルとの相関が最も高いと言われています。



子供に着色ページ、クレヨン、色鉛筆、マーカー、およびその他の種類の画材を提供することで、色、形、およびパターンの完全な世界を開きます。子供が着色ページにさらされているほど、数学で得られる知識のレベルが高くなります!数学が上手な子供は、学問のすべてのレベルで優れている子供です!



着色は数学のスキルを向上させることができます

着色は数学のスキルを向上させることができます

色、形、パターンは、子供たちの数学のスキルを向上させるのに役立ちます


研究によると、色は脳内にある神経経路を接続するユニークな能力を持っています。色を使用し、色付けのプロセスに従事している子供は、特に数学に関しては、より速く学習し、主題をより簡単に覚えていることがわかっています。カラーリングは、数学的概念をより論理的にするのに役立ちます。それは推論スキルを改善し、記憶を改善する全体の数学プロセスを開きます。子どもの創造力を開拓するのに役立ちます。着色は、脳に対する刺激の最も強力なタイプの1つです。着色に従事すると、脳が開き、より高いレベルの学習と記憶が可能になります。




私たちは人間として、私たちが提示される視覚ベースの情報を識別および整理するためのユニークな方法として形状を使用します。私たちの幼児時代に、私たちは身近なオブジェクトとそのユニークな形との間の強固なつながりを作り始めます。子供がさまざまな形にさらされると、「同じ」と「異なる」を識別する教育プロセスが使用され、強化されます。これにより、子供は新しい情報を観察、比較、および話し合うことができます。形状は基本的にシンボルです。子供が形状記号を識別できるようになると、数学記号をよりよく識別して理解できるようになります。

パターン
パターンを認識する能力とは、特定のタイプの秩序を無秩序に識別する能力です。一流の教育専門家によると、パターンを認識し、パターンを識別し、パターンを作成する機能さえあれば、数学の学習がサポートされます。パターンは、数字や文字ベース、自然、音楽、ダンス、さらにはスポーツでも可能です。ただし、カラーパターン(最も複雑であるが、最も有益なもの)は、塗り絵やページの塗りつぶしなどのアクティビティで見られる場合があります。子供が若い頃にパターン認識を紹介されると、批判的思考力がすぐに強化されます。これは、順番に-数学のスキルを構築するのに役立ちます。



子供の数学のスキルを向上させたい場合は、ページを着色することを選択してください!これは、色、形、パターンを子供に紹介する最も楽しくてエキサイティングな方法です!今日私たちを訪問し、私たちの多くの無料のぬりえページの1つから選択してください:https://coloringpageforkids.net/

著者について

Pinterest YouTube
Marian Hergouth

マリアンhergutは、1953年に生まれました。グラーツの哲学の学部で教えを学びます。

私の絵についての考え

私は幼児期以来ファインアーツに従事していました。色はいつも私を魅了してきた、特に赤。

I最も賞賛色グスタフ・クリムトとフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー。

図において、私は、エゴン・シーレのラインを賞賛します。私は深く絵のオーストリアの伝統に根ざしています。