不安に対するアートセラピーが役立ちます

ブログ

不安に対するアートセラピー

不安に対するアートセラピー

不安に苦しむ人にとって生産性が高いと考えられる芸術療法



多くの心理学者や医師によると、アートセラピーは現在、不安に苦しむ人々のための非常に生産的なナビゲーション手段であると考えられています。芸術療法には神経系のさまざまな構成要素を正常に鎮静させる能力があることを立証するいくつかの研究からの豊富な決定的データが現在利用可能です。個人が作成のタスクに集中すると、心の注意の幅は、不安に関連する煩わしい反すうから、より積極的で生産的な活動に移ります。



注意が不安から移るにつれて、神経系は規制のプロセスを開始する完全な能力を持ちます。これにより、脳、感情、共感を体験する能力、および私たち一人一人の内に宿る思いやりへのより高いレベルのアクセスが提供されます。その結果、私たちはそれぞれ、人生の困難と私たちが住む世界をより高いレベルの安らぎで処理することを可能にする、マインドフルネスのレベルに到達する能力がより高くなります。



神経系の調節を助けることに加えて、芸術療法は、不安の苦しみが非言語的な方法で自分自身を表現するのを助けるのに非常に有益です。その結果、不安発作の原因となる外力の視覚ベースの表現に束縛されることが多い思考から、うまく乗り越えることができます。そうすれば、まったく新しい視点で物事を見ることができます。

私たち一人一人が活力の核心を持っています。これは、特に不安に苦しんでいる人にとって、非常に爽快であることがわかるかもしれません。アートセラピーを行うことで、苦しむ不安をクリエイティブに表現することができます。私たちは穏やかなレベルに達しています。アートセラピーは、安全に従事できる単純な取り組みであると考えられています。したがって、私たちはより高いレベルのセキュリティを持っています。アートセラピーは、絆を自由へと移行させます。説明されていないことを説明するのに役立ちます。それは騒乱から謎を取り除くのに役立ちます。これは、幅広い年齢層で、幅広い年齢層に楽しんでいただけるアクティビティです。不安に苦しみ、その悪質なグリップから脱出したい場合は、まず、描画、絵画、着色などの単純で芸術的な作業に従事します。



あなたの芸術的性質は、絶望の深さからあなたの可能性のレベルまであなたを連れて行きます。

私たちのウェブサイトを見て、あなたのアートセラピーにダウンロードして使用する素晴らしいカラーリングページを見てください!私たちはいくつかの素晴らしい大人のぬりえページを持っています、そして子供たちのためにたくさんあります!



著者について

Pinterest YouTube
Marian Hergouth

マリアンhergutは、1953年に生まれました。グラーツの哲学の学部で教えを学びます。

私の絵についての考え

私は幼児期以来ファインアーツに従事していました。色はいつも私を魅了してきた、特に赤。

I最も賞賛色グスタフ・クリムトとフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー。

図において、私は、エゴン・シーレのラインを賞賛します。私は深く絵のオーストリアの伝統に根ざしています。